花(植物)の 写真と 自然の紹介。自然に詳しい森林インストラクター& 環境カウンセラーが、
日本の 雑木林 とバリ島を専門に、自然環境、里山の植物、現地文化の情報を詳細にガイドするブログ。
 


こちらに本サイト管理人の別運営 バリ島完全個人旅行。観光現地情報サイト リンク!

<< 八ヶ岳山麓の春の花たち | main |
奥志賀林道沿いの植物(花)
奥志賀林道は長野県の奥志賀高原から野沢温泉、栄村に至る約70kmの林道である。
2〜3スキー場が点在するものの、道路沿いには施設や家など全く無い、すべてが山の中の道路で、
ひたすら奥深い山の尾根沿いを走る、自然豊かな素晴らしい林道である。
道路のガードレールは殆んどがワイヤーで作られている。
雪深い山地なので、取り外しが出来るよう工夫されているからであろう。
林道沿いは雑魚川の渓流が美しい。
山女や岩魚の渓流釣りの釣り人もちらほら見かける。
渓流沿いは白樺が林立し、若葉に映えて輝きを増している。
シラカバ林
白さが映える渓流沿いの白樺の森 2007/6/5 長野県 奥志賀林道

栄村にぬける奥地の林道沿いはブナの原生林が見事である。
ブナ大木林
ブナの原生林が続く林道沿い 2007/6/05 長野県 奥志賀林道

ブナの大木の間では、芽吹き始めた若葉の中でムシカリの白い花が
陽の光をうけて輝いている。
ブナとムシカリ
輝く若葉の中のムシカリの白い花 2007/6/5 長野県 奥志賀林道

ブナ林のところどころに点々とムラサキヤシオの深紅色の花がめだつ。
雪国のブナ林下では特にその艶のある美しさを発揮する。
ムラサキヤシオ咲く
ブナ林の林床を彩る真紅が美しいムラサキヤシオ。横娃亜殖供殖機…耕邯 奥志賀林道

深紅ムラサキヤシオ
ブナ林の林床を彩る真紅が美しいムラサキヤシオ◆。横娃亜殖供殖機…耕邯 奥志賀林道

尾根筋の岩峰などを鮮明なピンクで飾るアカヤシオは主に北関東、
ムラサキヤシオは日本海側の雪国を主とする美しいヤシオツツジである。
アカヤシオの花が終わる頃、うつむき加減に白い清楚な花をつけるシロヤシオは
太平洋側のやや湿った尾根筋や岩場に咲き、ツツジとしては大木の雰囲気を持ち、
幹も太く、丈も高く、樹齢200年を超えるものも多いという。
シロヤシオの花
ブナ林下のシロヤシオの花 2008/6/14群馬県 甘楽町

林道脇の傾斜地の窪地にはまだ所々に雪溜まりが残っている。
周辺は雪解けの水で湿地状のところも多く、芽吹き始めのミヤマハンノキや
ダケカンバの低木林に足を踏み入れると、
湿った場所のところどころで白い花が咲いている。
明るい若緑の葉と白花のコントラストが大変美しい。
大きな葉の間から花茎を伸ばし、白い宝石を散りばめたような
サンカヨウの可憐で清楚な花。
サンカヨウ咲く
可憐で清楚なサンカヨウの花 2007/6/5 長野県 奥志賀林道

サンカヨウの群生
群生するサンカヨウの花 2007/6/5 長野県 奥志賀林道

サンカヨウはメギ科の草本で、本州中部の日本海側の雪深い深山から亜高山が分布の中心である。


林の斜面の上方には車輪状に大きな葉を広げ純白の花を咲かせている
大きな葉を持った一群が目に付く。
キヌガサソウの群生である。
キヌガサとは高貴な人の陽よけに付き人がさしかけた傘の「衣笠」からの命名といわれる。
キヌガサソウ咲く
車輪状の大きな葉と白い花のキヌガサソウ 2007/6/5長野県 奥志賀林道

キヌガサソウは深山や亜高山の雪解けと共に咲くユリ科の草本でツクバネソウ属に分類されている。
花が終わる頃、花被片の色は緑や褐色に変わってくる。
残念ながら、傾斜の激しい礫地の上方に花があるため近づくことが出来ず、
やや遠くからの撮影となった。
キヌガサソウ咲く
大輪のキヌガサソウ 2006/8/4長野県 栂池自然園

雪解け水が滴り落ちる谷川の沢沿いの岩場に目をやると、大きめの葉の上に
一部紫褐色のアクセントが入った、小さな玉のような花が水しぶきを浴びながら咲いている。
可憐そのものの花であり、
沢沿いの谷間にあって、清々しく爽やかさを演出している。
野草としてはかなりしゃれた雰囲気の花でもある。
名前はアズマシロガネソウでキンポウゲ科の花である。
渓流のアズマシロガネソウ
 沢沿いの彩り、アズマシロガネソウ 2007/6/5 長野県 奥志賀林道

多くのキンポウゲ科の花がそうであるように、この花も花弁に見えるのは5枚のガク片で、中の小さな黄色の部分が花弁である。
アズマシロガネソウ
 洒落た彩、アズマシロガネソウ 2007/6/5 長野県 奥志賀林道

この花も秋田から福井の日本海側の雪深い山地が分布の中心とされている。

また沢沿いの水の滴る流水縁にはリュウキンカの艶のある黄色い花が目立つ。
湿地のリュウキンカ
流水縁のリュウキンカの花 2007/6/5 長野県 奥志賀林道

リュウキンカもキンポウゲ科の草本でこの花も花弁に見えるのはガク片である。
高原の湿地に多い花で、尾瀬では水芭蕉に混じり一面に花を咲かせている光景が
美しい。

雪解けの湿った林下や、雪解けの斜面に点々とオオバキスミレの姿が見える。
雪国の黄色いスミレといえばオオバキスミレを指すといってもよく、
日本海側の多雪地に分布する。
黄スミレ咲く
多雪地の湿った場所に多いオオバキスミレ 2007/6/5 長野県 奥志賀林道

そのため関東の低山地域ではなかなか見られない憧れの黄色いスミレの花でもある。
またこの時期、スミレでは
オオタチツボスミレやミヤマスミレが林道沿いで可憐な美しい花を咲かせている。
ミヤマスミレ志賀
深山の林床に咲くミヤマスミレ 2007/6/5 長野県 奥志賀林道

オオタチツボ
花も葉も大きいオオタチツボスミレ 2007/6/5 長野県 奥志賀林道

オオタチツボスミレは距が白いことからタチツボスミレと区別できる。
湿り気のある林床にはピンクがかったコミヤマカタバミの花が可愛らしい。
林床のコミヤマカタバミ
ややピンクがかったコミヤマカタバミの花 2007/6/5 長野県 奥志賀林道


本年2008年は残念ながら奥志賀林道を訪れる時期を失してしまい上記の写真は
昨年度の写真のアップとなりました。ご了解ください。
【2008.07.02 Wednesday 18:56】 author : haruo1103
| 日本の雑木林の植物 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://satoyama.langit-bali.com/trackback/849048
トラックバック
植物撮影デジカメ
リコーデジタルカメラ
カプリオ 500SE

メッセージ