花(植物)の 写真と 自然の紹介。自然に詳しい森林インストラクター& 環境カウンセラーが、
日本の 雑木林 とバリ島を専門に、自然環境、里山の植物、現地文化の情報を詳細にガイドするブログ。
 


こちらに本サイト管理人の別運営 バリ島完全個人旅行。観光現地情報サイト リンク!

<< バリ島を彩る花々・・・ウオーターリリィ | main | バリ島を彩る花々・・・ブーゲンビレア >>
里山 の 春の使者・・・ヤマザクラ
陽 春の 里山
陽春の 里山 2007/4/13 埼玉 飯能

ヤマザクラは里山を代表するサクラです。
町や里のソメイヨシノにやや遅れて花を開きます。
純白の花は、花と同時に開葉する赤褐色や緑色の若葉とコントラストをなして、大変美しい。
ソメイヨシノの豪華絢爛の趣とは違った、凛とした気品のある爽やかな美しさがあります。
若葉とヤマザクラ
若葉に映えるヤマザクラ 2007/4/09 埼玉 狭山丘陵

江戸時代の末頃に、江戸の染井村の園芸職人により広められたソメイヨシノは、
明治以降、現在まで、花見の主流となっています。
今では、サクラといえばソメイヨシノの感があります。


児玉千本ザクラ
千本ザクラ咲く道 2007/4/6 埼玉 児玉

明治以前の花見(観桜)の主役はヤマザクラでした。
古くから、奈良の吉野山や京都の嵐山はヤマザクラで有名です。
吉野山では、谷から尾根まで、4月はじめから、春の経過と共に咲き上がります。
ヤマザクラの花は、木々の芽吹きの美しさと共に、訪れる多くの人を魅了します。
遠き時代、サクラを愛でて、吉野を通過し、後に悲劇の生涯を迎えた、
義経や静御前を想うとき、
吉野のヤマザクラは、詩的で翳りのある、幽玄の世界へと人を誘(いざな)います。
ヤマザクラはまた、そんな思いを起こさせる花なのかも知れません。

若葉とのハーモニー
ヤマザクラ爽やか 2007/4/9 埼玉 飯能

春の里山は、明るい春の日差しの中で、輝きを増してきます。
里山の雑木林では、ヤマザクラは、春の木々の芽吹きの中で、点々と彩りを添え、
その清楚な花の姿が印象にのこります。
春の芽吹きの里山は、淡いパステルカラーの世界となって、広がっています。

山を彩るヤマザクラ
里山を彩るヤマザクラ 2007/4/13 埼玉 飯能

「久方のひかりのどけき春の日にしず心なく花の散るらむ」  古今集 紀友則
「しきしまの大和心を人とはば朝日に匂う山桜の花」        本居宣長

ヤマザクラ絢爛
ヤマザクラ輝く 2007/4/9 埼玉 狭山丘陵

雑木林の木々が、若葉を開く頃、ヤマザクラは花を散らしていきます。
いにしえから、ヤマザクラは、その美しさが故、散りゆく花を惜しみ、
多くの歌が詠まれました。
散りゆく姿もまたサクラの美しさなのかも知れません。

ツツジとヤマザクラ
ツツジとヤマザクラの饗宴 2007/4/13 埼玉 飯能

ヤマザクラと同じ系統のサクラにはオオシマザクラ、カスミザクラ、
オオヤマザクラがあります。
共に開葉と同時に花を咲かせます。

オオシマザクラ
オオシマザクラ咲く 2007/4/9 埼玉 狭山丘陵

オオシマザクラは房総半島から伊豆半島、三浦半島、伊豆諸島に分布しています。またこれらの地域では薪炭や、桜餅の葉の採取用に植林されています。

カスミザクラは日本では九州を除く山地に自生している桜です。
ヤマザクラの花が終わった、4月中旬頃から山地で咲き始めます。
花柄や葉柄に毛があることからケヤマザクラとも呼ばれます。

オオヤマザクラはカスミザクラよりさらに高いところの寒冷な場所に生えます。
寒冷のためソメイヨシノが生育出来ない所では、このオオヤマザクラが花見の桜になっています。
花も大きく、花色も濃いピンクで美しく、ベニヤマザクラとも呼ばれます。
軽井沢では、5月の連休の頃、あちこちで紅色の美しい花を咲かせています。

里桜フゲンゾウ
サトザクラ咲く 2007/4/13 埼玉 飯能

関東近辺の里山でも、この時期、まだまだヤマザクラは見られます。
巷で、賑やかに、ソメイヨシノやサトザクラ(八重桜)を観賞し、
里山で、静かに、ヤマザクラを愛でる。
やはりサクラの花見は素晴らしい。
【2007.04.17 Tuesday 11:15】 author : haruo1103
| 日本の雑木林の植物 | comments(1) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
黛様
やっとメールを開く事ができました。
思っていたとおり、プロのブログですねえ。
どなたがデザインされたのでしょうか?
商売につながる事を祈っております。
さてさて里山の写真を見せていただきました。
あいかわあらずこちらもプロの腕前ですね。
桜、すみれと タダ美しいとながめていましたが
やはり知識を持つと楽しさ倍増です。
今後とも色々教えていただけるとうれいいです。
すみれのおりこうさんには負けます。
ランが好きでけっこう持っていますが、
スミレと同じような習性を持っているようですが・・・・
ではでは次回を楽しみにしております。お礼まで。
| 黄地まり | 2007/04/17 6:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://satoyama.langit-bali.com/trackback/519059
トラックバック
植物撮影デジカメ
リコーデジタルカメラ
カプリオ 500SE

メッセージ