花(植物)の 写真と 自然の紹介。自然に詳しい森林インストラクター& 環境カウンセラーが、
日本の 雑木林 とバリ島を専門に、自然環境、里山の植物、現地文化の情報を詳細にガイドするブログ。
 


こちらに本サイト管理人の別運営 バリ島完全個人旅行。観光現地情報サイト リンク!

<< 里山の春・・ 花・・スミレの生態 | main | 里山 の 春の使者・・・ヤマザクラ >>
バリ島を彩る花々・・・ウオーターリリィ
しろすいれん3
ヴィラの中庭のスイレン 11月 バリ島 ウブド郊外

ウオーターリリィは日本名ではスイレン、漢名では睡蓮。
そしてスイレンという名称は、スイレン科スイレン属の植物の総称である。
スイレンという名を持つ独自の種は存在しない。
熱帯から温帯にかけて広く分布する、水性の多年草。
熱帯性スイレンと温帯性スイレンに分けられる。
自生種は約40種といわれ、多くの園芸品種が作られている。
花の色は赤、白、黄、ピンク、青紫 等々、
品種により、単色から混色まで、さまざま。
高貴な香りを漂わせる花も多い。

ハスとスイレンは混同しがちであるが、
ハスは、葉や花が水面から立ち上がるが、
スイレンは葉や花が水面に浮かぶ。
ハスはかつてはスイレン科とされていたが、
現在はハス科に分類されている。
シロ紫スイレン
庭のスイレン 11月 バリ島 ウブド郊外

バリ島ではスイレンをトゥンジュン(Tun Jung)と呼ぶ。
バリ島のスイレンは熱帯性スイレンであり、
昼咲きと夜咲きがあり、
花の大きさも、花色も変化に富んでいて大変美しい。
熱帯性スイレンは花が水面から立ち上がるのが特長。
レッドスイレン
深紅のスイレン 11月 バリ島 ウブド郊外

熱帯性スイレンの発祥といわれるエジプトでは、
ナイルの河畔にたくさん咲いているので
「ナイルの花嫁」と呼ばれ、国花になっているという。
ハス庭
ビラの中庭 11月 バリ島 ウブド郊外

バリ島でのビラ(ホテル)の中庭では、池の中の美しいピンクのハスや、
可憐なスイレンの花に目を奪われる。
そしてバリ島のほとんどの家の庭で、スイレンは水鉢で栽培されている。
周年、赤、白、黄、ピンク、青紫 等レインボーカラーの気品のある、
凛とした、美しい花を咲かせている。
熱帯スイレン
熱帯スイレンの品種 11月 バリ島 ウブド郊外

スイレンといえば、誰でも、フランス印象派のモネの「睡蓮」を思いおこす。
バリ島でも、ハスと共にスイレンは、
古来よりバリ芸術のテーマとなってきた。
そして神や祖霊に捧げる献花として大切にされている。


【2007.04.14 Saturday 21:48】 author : haruo1103
| バリ島の南国の植物 | comments(1) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
治男様
相変わらずきれいな写真ですね。
本物よりきれいかも・・・・
ひとつ質問します。
はす と すいれん の区別が今ひとつわからない私です。
何時もゴチャゴチャになっちゃっています。
区別の仕方を教えてください。
ではでは(@^^)/~~~
| 黄地まり | 2007/04/18 10:59 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://satoyama.langit-bali.com/trackback/517247
トラックバック
植物撮影デジカメ
リコーデジタルカメラ
カプリオ 500SE

メッセージ