花(植物)の 写真と 自然の紹介。自然に詳しい森林インストラクター& 環境カウンセラーが、
日本の 雑木林 とバリ島を専門に、自然環境、里山の植物、現地文化の情報を詳細にガイドするブログ。
 


こちらに本サイト管理人の別運営 バリ島完全個人旅行。観光現地情報サイト リンク!

<< 里山の 雑木林の 春の使者・・・イワウチワ | main | バリ島を彩る花々・・・ロータス >>
バリ島を彩る花々・・・フランジパニ
プリメリア咲く村の道
カンボジア咲く村の通り 11月 ウブド郊外

フランジパニはキョウチクトウ科の中南米原産の樹木の花である。
プリメリアという名称の方が一般的かも知れない。
プリメリアはフランスの植物学者C.Plumierにちなむという。
良い香りの5弁の花で、白、黄、桃、赤の色彩の変化に富んでいる。
プリメリア
アデニュウム
バリ島ではフランジパニはカンボジアと呼ばれる。
寺院、市街地、住宅地、庭園などさまざまな場所で見られる。

通りを歩いていると、耳や髪にこの花を飾った女性によく出会う。
エステではバスタブにこの花を浮かべ、香りを誘う。
カンボジアは神に捧げる神聖な花として、バリの儀式には無くてはならない花であり、信仰の花である。
そして癒しの花である。
バリ島の印象はこの花、フランジパニを抜きには語れない。
【2007.04.08 Sunday 23:44】 author : haruo1103
| バリ島の南国の植物 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://satoyama.langit-bali.com/trackback/512986
トラックバック
植物撮影デジカメ
リコーデジタルカメラ
カプリオ 500SE

メッセージ